豊川市防災講演会に行ってきました

豊川市防災講演会に行ってきました

 

テーマは”頻発する風水害の事例に学ぶ~いのちを守るための対策~”

新潟大学の田村圭子先生が講師です

関西弁でテンポよいお話は 午後の眠い時間でも子守歌にはなりません

楽しくお話を聞くことができました

 

近年水害は多発しています

昨年の鬼怒川決壊では水の恐ろしさを見せつけられましたし

今年の北海道・岩手の台風被害では人命が奪われ 農作物への被害は私たちの生活にも影響しました

 

水の怖さへの想像 イヤだけど考えることを避けてはいけないな・・・

自分の身近で同じ災害が発生したらどうしようかな と想像しながらお話を聞きました

 

不測の事態が発生したときどう行動するか 普段考えておくことが大事です

 

とっさに冷静な判断ができるかどうか分かりません 

災害発生後では間に合わない可能性もあります

 

水害に関しては まずは自分の住む地域が水害に弱いのかどうか

そしてどの程度の浸水が予測されているのか

市町村が発行している水害ハザードマップで確認しておくことから始めましょう

 

科学的根拠をもとに作成されたハザードマップは 事前の想定に役立ちます

最悪の事態を想定していますから ”受け入れがたい・見たくもない”情報も含まれるでしょう

が そこに目を向けて初めて”いざという時に役立つ備え”がスタートできるのです

 

備えの第一歩は心に覚悟を決めるコト

 

防災に正解も完璧もありません

ですが 覚悟を決めることで正解に近づく努力はできます

そのためには過去の事例から学ぶことが大事なのです